レッスン記(2015,9,8)

今日はピアノレッスンの新学期?いや新年度?でした。
この間の発表会で、これまで私がピアノを通していろいろ考えてきたことやってきたことのすべては出し尽くせたと感じているので、とりま卒業というか自分の中でケジメがつけられたことはとても大きいです。

発表会前の最期のレッスンで今後のレッスンについて先生と相談しました。
しばらくは曲はお休みしてレベル上げにいそしみたいという私にしては珍しい殊勝な気分になり、そのくせかなりわがままな私の希望などがあり、それを総合的に先生が判断して勧められたのが以下の教本

ピアノのテクニック 音階とアルペジオ
インヴェンションの続き
チェルニー やさしい20の練習曲

9月に入ってから新年度(爆)のレッスンに向けて練習開始したものの、チェルニーとバッハはよいとして、音階は病気する前で止まっていたホ短調3度は練習しても全く弾けず!
でも仕方ないのでそのままレッスンに行きました。

正直に音階の練習方法がわからなかったことをお話ししました。
前回のレッスンが5年も前ではいきなり3度は無理だと思うのでとりまホ短調の予備練習からやり直しましょう
ということになりました。
練習方法としては、最初は4つそれができるようになったら8→12→16と増やしていくのだそうで、音階もそうやって分解バラバラにして練習していくものだということを初めて知りました。
とくに指が変わるところは一音一音確認しながらゆっくりと、音を増やして弾けなかったらまたその部分に戻って練習するという実に地味な練習です。
それにしてもほーーんと私ってなんておバカだったんでしょうかねo(^▽^)o

チェルニー やさしい20の練習曲ー1
バイエル程度のやさしい曲でした。
16分音符をレガートで弾くわけなのですがとにかく徹底的に指の訓練でした。
先生は力をぬくという言葉は使っても力を入れてとは決して言いません。
腕の重さを指で支えるとか置くとかそういう言い方をされます。
また力をぬいても指の意識をぬいてはいけないとも言われました。
この曲だと1小節に16分が16個、置き加減があるようにぬき加減もあるわけで、たぶん16個すべて違う。
私はこれを小手先だけでやろうとしていたのですが、不器用な私にできるわけないです。
指の力の配分(こういう表現が適切かはわかりませんが)の連続技というか、これをテンポアップするということはやはり難しいです。
そしてこの曲のリズム練習を3つほどいただいてチェルニーは終了

インヴェンション8番
やっぱりバッハはレッスンしてもらわない限り絶対に弾けないことがわかりました。
カデンツの音のもって行き方とか素人じゃ絶対にムリです。
いくつか?かなりの修正点をいただきましたので来週までに地道に練習します。


スポンサーサイト
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

myrthen25

Author:myrthen25
ゆるゆるブログを復活しようかと思っています。
でも、疲れたらお休みしちゃいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR