スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うっとーしいピアノ脱力法ブログ

ピアノのお決まりの悩み事に脱力とか指の支えなどいろいろあります。

私は大人の初心者ピアノなのでいろいろ問題があります。
なにかいい解決方法が無いものかとネットで検索すると
たいてい
うっとぉしいブログなので名前書くのもうっとぉしい
このサイトが一番上にでてきます。
いい加減にしてくれといつも思うのです。。

なぜなら私にとっては書いてある内容が薄くてなんの解決策も見出せませんでした。
あれでわかる人やできる人は抱えている問題を今習っているピアノの先生に聞けばすぐに解決すると思います。
先方はそこまでたどり着くまでにはいろいろ勉強も研究されているでしょうしもちろん努力も投資もされているでしょう。
ですからそのノウハウを無料で提供するはずも無いわけで要するにここから先は金を払ってセミナーを受けろということもよくわかります。
でも私は、

やなこった!
失礼ながら私はこのブログが本当にキライです。

理由はかんたんです。
文章をはじめ説明や喩えがわかりやすく優しく易しい言葉で綴られていて、それは長所でありますけれど私にはそれは短所です。とても内容が幼稚に感じられてしまいます。
ターゲットが違うので仕方が無いのですがね。

それでもヒットすれば律儀に毎回読みます。
そしていつもまたか!と思うわけです。
何回も繰り返しているうちにいい加減に腹立たしくなってきます。
少なくとも脱力そのものに関しては私の方が詳しいかもしれないと思うこともあります。

ところで指の支えに関しては大きな私の中に勘違いがあり、これはピアノ用語なのだということ後になって知りました。バネ指になった時に年齢的にも念のためにリウマチの検査をしてもらうことになり、ついでに疑問をドクターにたずねました。
てんてー、私の指には支えってものが存在しないらしくて、だからピアノ弾く時にここ(ボコボコ山を指して)の関節がいつもクニャクニャ動いて、それですぐに指痛くなるのかしら。
整形外科の先生に笑われてしまいました。

肩を動かせば肩甲骨は動きます。
動かないとどうなります?
肩こるし下手すりゃ肩痛めるでしょ。
指だって同じです。
動く関節があって指は動くんです。

ひゃーー、もう赤面ですよ。
指の支えなんて紛らわしい言葉を作らないでよ。まったくもう!

私はいちおう立派な大人なので(性格はお子ちゃまですが)大人の文章で理屈をこね回して書いてるものが好きです。
それにいちおう自分の中では脱力や指の支えなどの諸問題については別にフランスなぞ行かなくてもネットとスポーツジムと自分のピアノの先生や整形外科の先生と筋トレ好きの友達や家族との会話や協力があり解決策は見つかりました。

それでもあれ?と思う時がたまにありネットを検索します。
当然検索トップからポチっていくわけで、すると毎回腹立たしい思いをします。
あの尻子玉抜かれたような肝心なことが書かれてないブログをなんとかしてくれないかしら。
キライなものはキライなのだからしょうがないです。

だからなんとか非表示にする方法はないものでしょうか。
だれか教えてください。


これからは毒舌、やりたい放題でいくよ!
それを我慢していて前のブログの時に病気になったと信じて疑わない私です。
スポンサーサイト
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
 

超きもちい~~
スカッとしました♪

あ、この度は色々ありがとうございました。
またこちらでよろしくお願い致します。

私も世の中のピアノの先生や大人の方の脱力に関する認識があまりにも酷すぎると思ってます。
私が正しく出来てはいませんが、向かう所に向かい始めてはいると思います。

脱力脱力もっともらしい言葉を投げ捨てて、何を教えてるんだ??
と過去の先生やピアノの先生ブログから感じてます。
奏法が教えられる先生は「脱力しなさい」とか「力を抜きなさい」などと言う必要がありませんよね。
現在の先生の口から「脱力」という言葉も聞いた事がありません。
「抜け」と言ってしまうと間違えるからだと思ってます。
私の1年目はこの言葉に惑わされまくりました。

あ、いきなり自分の事ばかりすみません。

これ読ませて頂いて本当にスカッとしました。
私も以前このブログを読んでうっとーーしーわっ!!
って思った事がありました(笑)
最近ちょっと気持ちが緩んでいましたが、お友達ごっこしてないでwきちんと本当の事を書きたいと思います。

はるりんさんの毒舌楽しみにしております。
ひよこ | URL | 2015/05/30/Sat 20:20 [編集]
ひよこさんへ
ひよこさん こんばんは〜

ひよこさんもこのブログをうっとーしいと思ったことがあるのですね。
今回はほんとにアタマに来ました。
私も書いててスカッとしました〜!
ほんとなにエラそうに書いてんじゃ〜って思います。

私の先生もあまり脱力のことはおっしゃらないかな。
奏法教えてくださるついでに出る程度です。
脱力は体の使い方なわけで、今も昔も人の体の使い方はなにひとつ変わりません。
それをもっともらしく新しいメソッド言わんばかりになに言ってんだこいつって思います。



はるりん | URL | 2015/05/30/Sat 22:54 [編集]
度々本当に申し訳ないですが
はるりんさんのご紹介(笑)でこのブログまた読んでみたけど・・・あー腹立つ!!
この人親指の向き、手首の位置おかしいし、姿勢も美しく感じないし・・・重心後ろ側に感じません?
結局脱力脱力言ってる人なんだなって改めて感じました。
でもこのブログが出てきてしまいますねw
こんなの本当に信じる人いるんかw
高いのに・・・自分で考えたほうがはるかに良いですね。

あ、本当に度々すみません。
私も正しくない事を発する先生ブログには飽き飽きなんですよ;
ひよこ | URL | 2015/05/30/Sat 22:55 [編集]
ひよこさん
ひよこさん 再びいらっしゃいませ〜

わざわざアクセス数を増やさなくてもいいですぉ
私は難しいことはわからないのですが、いろいろ記事をたどっていくとなんかおかしいんですよ。
どう考えても私のピアノの先生のおっしゃることの方が正しいわけで、自然とつじつまが合わなくなって違和感を覚えます。
脱力脱力言ってる暇があったらピアノ弾いてればいいのにって思います。
よく本をたくさん出している医者にかかってはいけないって言われてるでしょ。
執筆はすごく時間がかかるものだから、たくさん本を書いている医者は本業おろそかで診察する時間が持てないって。
そういうことなんじゃあないかと思っています。




はるりん | URL | 2015/05/30/Sat 23:09 [編集]
なるほど、ピンと来ます
はるりんさん

「よく本をたくさん出している医者にかかってはいけないって言われてるでしょ。執筆はすごく時間がかかるものだから、たくさん本を書いている医者は本業おろそかで診察する時間が持てないって。そういうことなんじゃあないかと思っています。」
 なるほど、ピンと来ます。
安倍禮爾 | URL | 2015/05/31/Sun 00:04 [編集]
安倍禮爾さんへ
安倍禮爾さんへ

おはようございます。
ピンと来てもらって共感してもらえることは嬉しいです。
はるりん | URL | 2015/05/31/Sun 06:48 [編集]
プロフィール

myrthen25

Author:myrthen25
しばらくお休みします

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。